私の仕事は経理業務です。全国に営業所があり、売上や入金といった販売管理の入力チェックや入金日を過ぎているのに入金確認がとれない業者の遅滞確認を行っています。入金はかなり複雑です。売上をナンバ-で登録して入金の際にはナンバ-ごとに振り分けをして入力をしていきます。工事を行っているのですがその場合手形は70%振込30%という風に割合が変化するので、多忙な時期は振り分け作業が非常に混乱してしまいます。今導入しているシステムでは、ナンバ-ごとの売上に対する入金金額が得意先ごとに一目で把握できるようになっていて、入力後にチェックをすれば違うナンバ-に入れてしまったものがハッキリと差額で表示されるので大変便利です。請求書をだした月も登録してあるので、遅滞しているものもすぐに確認できます。毎月月末に全ての手形・預金入力が終わった頃に遅滞リストを出力して、入金の遅れている業者の営業担当に一報いれて次回入金日の確認をしています。売上請求入金は管理の上でとても重要だと思いますので、導入したシステムには大変お世話になっています。

販売管理の仕事とはなにか

販売管理の仕事とは店舗従業員の仕事になります。小売業ですが一般的にはスーパーや百貨店などを思い浮かべるのがわかりやすいと考えます。そこで、実際にはどのような仕事をしているでしょうか。販売店すべてであるのが会計になります。スーパーではレジがあります。レジにて商品の売れ行きの管理をしています。それ以外には商品の陳列作業やお客様への接客などが仕事になります。細かい仕事になると商品の受注から陳列、販売という流れで仕事が回っていきます。基本的には日々同じような仕事の繰り返しですが、時期やシーズンによって商品の違いが出たり、売上客数の違いも出ます。単純な仕事のように見えますが長時間労働が多い仕事でもあります。また、休日も変則的な休日や平日での休みが多いというデータもあります。もし販売管理の仕事に就きたい場合はその点を含め考えてみてください。

販売管理を効率的にする方法とは

販売管理をするには適切な方法を考える必要があり、在庫の数を正しく把握する方法を探すと効果的です。効率的にするためにはシステムを比較して最適な方法を選ぶ必要があり、作業を効率化できるように最適な方法を考える方法が望ましいです。販売管理をすることで販売数を正しく知ることができ、最適な数量を正しく把握することで商品のロスを減らすことができ利益につながります。販売数を正しく知るためにはデータを正しく分析する必要があり、ポスレジなどを通して必要な情報を入手するようにシステムを考えると効果的です。販売管理をするためには効率的にできるように導入するシステムの費用などを考えて内容を比較して決める必要があり、人件費を減らす方法を選ぶ方法が望ましいです。正しい在庫数や販売数を知ることで最適な数量を発注することができ、商品の運用を効率化できます。

Leave a Reply

Required fields are marked*

*