インターネットを使用している人たちが、相変わらずたくさんいるのが今の日本の目立つ特徴のひとつでしょう。

インターネットを使用するのは大部分の日本人にとって当たり前の光景となっています。

年齢層が上がれば上がるほど、インターネットに漠然とした苦手意識や抵抗感を持ってしまう人たちもたくさんいるのだそうですけれども。

ともあれ、インターネットを使用することで、たくさんのメリットを感じることは間違いありませんから、年代層が上の方々の間でも、じわじわとインターネットに対しての抵抗感は薄れていっているという報告がよくされていますね。

インターネットが、国民全体の共有の情報ツールと化すのはもう時間の問題でしょう(というよりも、すでにもうその状態に達しているとみなしてしまってもよいかもしれないですよね)。

インターネットを使用していることは当たり前になったわけですが、インターネットを存分に活用している人たちでいっぱいになっているかといったら、残念なことに決してそうではありません。

インターネットにはたくさんのサービスがありますし、使いこなすととても便利です。

インターネットで最近目立つサービスにソーシャルブックマークがあります。

ソーシャルブックマークにもいろいろとありますが、newsingが今特に注目を集めています。

newsingのよいところは、参加者たちのニュースに対しての注目度がすぐに目に見える形で確認できるということでしょうか。

newsing型のソーシャルブックマークと違っているのは、世間の人たちが関心を持つニュースをすぐ見抜けることかもしれません。

Leave a Reply

Required fields are marked*

*