WEBマーケティングというものはどんな仕事なのか?

最近、最近よく聞くこの言葉。

Webが現在のように一般的になる以前、テレビや新聞などの媒体、営業活動を通してマーケティング活動が行われていました。

その活動の目的は、商品や企業の宣伝告知が主たるところ、すなわち一方通行の情報発信にすぎません。

しかし、Webを活用することにより、双方向の情報交換が可能になり、消費者動向の把握、市場調査が効率的にできるようになりました。Webマーケティングは、今や企業経営に欠かせない重要な業務なのです。

今の社会のうごきや情勢を見極める為には市場調査は欠かせないものです。

 

活躍の場と言うものは何なのでしょうか。

活躍の場は、あらゆるところに広がっています。Webマーケティングが企業経営に与える影響は大きく、その担い手となる人材へのニーズは今後ますます高まるでしょう。すでに求人数も多く、さまざまな業種で求められている人材です。Webに関する知識、そして得意な分野、経歴などを十二分に生かし、やりがいのある仕事ができるはず。また企業のWebマーケティングを請け負う個人事務所や企業なども増えてきています。

必要な知識とスキルはどのようなものなのでしょうか。

Web技術をマーケティング活動に応用する仕事だけに、Webに関する幅広い知識とスキルが必要です。またマーケティング活動に関する基礎知識も欠かせません。多くの知識とスキルを有していることで、より効果的で効率的なマーケティング活動を行うことができます。日々必要なのは、業界の市場動向、消費者ニーズなどの情報収集、そしてそれらの情報を分析する力、マーケティング活動に生かす応用力が求められます。

最近では、フェイスブックなどでも市場を知る事が可能です。

沢山の情報がそこら辺に転がっているこの時代です。

フェイスブックは、本人の名前でやっているなど信頼性っが強いです。

しかし、ツイッターはどうでしょう。

ニックネームでだれでも簡単に出来ます。

そして、簡単に情報を全国に情報を配信する言う事が可能なのです。

全国というより全世界と言った方が合っているかもしれません。

自分の気に行った情報だけをリツイートして広める事ができるのです。

その情報が本当に合っている情報かもわからずに。それは、とても怖い事です。

この世の中、ちゃんと自分で情報を見極める事が大事だと思います。

なんでもかんでも情報が出回っているのもよくないことですね。

Leave a Reply

Required fields are marked*

*