WebマーケティングとSEOは、切っても切れない関係があると言えます。

最近は、よく耳にすることもおおくなりました。

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略で、サーチエンジンオプティミゼイション。

日本語訳するなら「検索エンジン最適化」ということになります。

ナニソレ?と言う人もかなりいると思うのですが。ようするにパソコンで調べたいものを検索する時に上位に来るようにシステムを組み込む事です。

皆さんもインターネットを使う際は、GoogleやYahooなどの検索エンジンを活用することと思いますが、これらの検索結果は、それぞれの検索エンジン(の方式)に委ねられています。一方、サイト運営およびWebマーケティングをしている側としては、ぜひとも狙ったワードで検索エンジンの上位に自分のサイトを表示したいところです。Webマーケティングにおいて、この順位はとても大切で、アクセス数を稼ぐ上においてそれを無視することは、ほとんど不可能といえるでしょう。そしてこの順位をコントロールするための技術が、SEOというわけです。
とはいえ、SEOも、適切に行われなければ、思ったような結果は出ません。

最初からニッチなワードや分野で攻めるのなら、それでもある程度の結果は出るかもしれませんが、誰もがニッチなサービスを展開しているわけでもありません。よってWebマーケティングにおいては、まずはをしっかり行いましょう。
Webマーケティングに欠かせないといわれるSEOの極意は、平たく言えば、「検索エンジンに好かれるサイトづくり」といったところでしょうか。

よってWebマーケティングを行う際は、検索エンジンの傾向を知る必要があるといえそうです。
しかし、検索エンジンのシステムは、どこも同じというわけではありません。そこで複数の検索エンジンを対象としたSEOが必要になってきます。特に利用者が多い検索エンジンは、決して無視はできないと思います。。
もっとも、こうしたSEOは、ある程度のノウハウが確立している部分もあります。Webマーケティングをするにしても、自分で最初から調べるのは並大抵のことではありません。しかし世の中には、WebマーケティングやSEOに長けている人もいるもので、そういう人が作成した本やサイト、教材などで、その大筋はある程度知ることはできます。
WebマーケティングにおけるSEO、しかしながら、このような背景から、「初歩的なことはどこもやっている」とも考えられます。よって最後の決め手は、やはりそのサイトオリジナルのSEOということになりそうだと言う事がわかります。。これはなかなか難しいことなので、プロに任せた方がいいかもしれません。

Leave a Reply

Required fields are marked*